人気の買い取りブランドなら捨てるものはありません

中古ブランド品にも爆買いの波が押し寄せています

2015年中国人による「爆買い」が流行語大賞に選ばれたように、中国人の買い物意欲の波は中古ブランド販売店にも押し寄せました。大黒屋やコメ兵などの質屋系の中古ブランド販売店では、中古ブランド品の仕入れが重要な課題となっています。ですから現在は、中古ブランド品を高額で買い取ってもらえる絶好の機会なのです。最近は販売店の修復技術が進化しており、あまり状態の良くない商品も買い取ってもらえるので、自宅のクローゼットで眠っている不要なブランド品を断捨離する好機です。
買い取ってもらえる商品は、定番のバッグや財布、時計だけでなく、衣料品やカードケース、キーケースなどがあります。変わったところでは時計のバンドのコマや箱、紙袋まで買い取ってもらえるので、捨てるものは一切ないのです。

ブランド品の王様「LOUIS VUITTON」

最も人気の買い取りブランドと言えば「LOUIS VUITTON」です。中でも高額査定が期待できるのがバッグです。買い取り相場は定価や柄(モノグラム・ダミエ等)、形(ネヴァーフル・トータリー等)によって異なりますが、普遍的なデザインのバッグの方が高値が付く傾向が高いです。人気モデルの新品なら80%前後、中古なら10から60%程度の査定額になります。
またいわゆる限定品でも定価を超えて買い取している買い取りショップはほとんどなく、逆にあまり認知度の低い限定品ならかえって査定額が低くなってしまうケースもあります。ちなみに「LOUIS VUITTON」のバッグなら、どんなに古くて状態が悪くても、査定が0になることはありえないと言われるほど価値が高い商品です。